紛らわしい語同音異義語

「破断」と「破談」の意味の違い

【破断】 金属製の物が断ち切れる。

【破談】 約束・縁談が取り消される。

「破断」も「破談」も、どちらもハダンと読む同音異義語です。

「破断」は、金属製の部品・材料が疲 ...

紛らわしい語

「写す」と「映す」の意味の違い

【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。

【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。

「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。

「写す」は、物や文書など ...

紛らわしい語同音異義語

「仮装」と「仮想」の意味の違い

【仮装】 奇抜な姿を装うこと。

【仮想】 仮に想定すること。

「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。

「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) ...

紛らわしい語

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い

「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。

【仕分(け)】 区分・分類する

【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること

どちらも、物事についての区 ...

紛らわしい語同音異義語

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。

「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。

用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」

紛らわしい語同音異義語

「感心」と「関心」の意味の違い

【感心】ほめたくなる

【関心】興味を持つ

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。

「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類 ...

紛らわしい語同音異義語

「興業」と「興行」の意味の違い

【興業】産業を盛んにする

【興行】演芸などを催す

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。

「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す( ...

紛らわしい語同音異義語

「改定」と「改訂」の意味の違い

【改定】決まりなどを改め直す

【改訂】文書を改め直す

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。

「改定」と「改訂」のどちらも、従前のものを改めて決め ...

紛らわしい語同音異義語

「平行」「並行」「平衡」の意味の違い

【平行】交わらない

【並行】並んで行く、同時に行う

【平衡】つりあう、安定する

「平行」「並行」「平衡」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。

「 ...

紛らわしい語異字同訓

「乾く」と「渇く」の意味の違い

【乾く】水分がなくなる

【渇く】水がほしくなる

「乾く」と「渇く」は、どちらもカワクと読む異字同訓の語です。

「乾く」は、水分・湿気がなくなる意味です。そこから、温かみ ...