紛らわしい語同音異義

「線上」「線条」「線状」の意味の違い

【線上】線の上、物事の分かれ目

【線条】線・すじ

【線状】線のような形

「線上」「線条」「線状」は、いずれもセンジョウと読む同音異義語です。

「線上」 ...

紛らわしい語異字同訓

「伏せる」と「臥せる」の意味の違い

【伏せる】下に向ける、隠す

【臥せる】病気で寝込む

「伏せる」と「臥せる」は、どちらも「ふせる」と読む異字同訓の語です。

「伏せる」は、顔や目などを下に向ける、うつ ...

紛らわしい語異字同訓

「入れる」「容れる」「淹れる」の意味の違い

【入れる】外から中へ移動させる

【容れる】空間に収める、主張を認める

【淹れる】茶やコーヒーなどを作る

「入れる」「容れる」「淹れる」は、いずれも「いれる」 ...

紛らわしい語同音異義

「不全」と「不善」の意味の違い

【不全】活動が十分でない

【不善】よくないこと

「不全」と「不善」は、どちらもフゼンと読む同音異義語です。

「不全」は、物事の活動状況が十分でないことを意味します。不完 ...

紛らわしい語異字同訓

「残す」と「遺す」の意味の違い

【残す】あとに置いて去る、そのままにしておく

【遺す】後世に伝える、残して死ぬ

「残す」と「遺す」は、どちらも「のこす」と読む異字同訓の語です。

「残す」は、何かをあと ...

紛らわしい語異字同訓

「残る」と「遺る」の意味の違い

【残る】あとにとどまる、消えないでいる

【遺る】後世に伝わる

「残る」と「遺る」は、どちらも「のこる」と読む異字同訓の語です。

「残る」は、何かかが過ぎ去った後にとどま ...

紛らわしい語同音異義

「用談」と「要談」の意味の違い

【用談】仕事としての話し合い

【要談】重要な話し合い

「用談」と「要談」は、どちらもヨウダンと読む同音異義語です。

「用談」は、仕事・用事としての話し合いをすること、ま ...

紛らわしい語同音異義

「幼児」と「幼時」の意味の違い

【幼児】幼いこども

【幼時】幼いころ

「幼児」と「幼時」は、どちらもヨウジと読む同音異義語です。

「幼児」は、幼い子供という意味です。具体的な年齢は、分野・業界によって ...

紛らわしい語同音異義

「遊戯」と「遊技」の意味の違い

【遊戯】楽しんで遊ぶ

【遊技】娯楽としてのゲーム

「遊戯」と「遊技」は、ともにユウギと読む同音異義語です。

「遊戯」は、楽しんで遊ぶことを意味します。遊び。また、幼児が ...

紛らわしい語同音異義

「用務」と「要務」の意味の違い

【用務】なすべき仕事

【要務】大切なつとめ

「用務」と「要務」は、どちらもヨウムと読む同音異義語です。

「用務」は、その者に課せられた務め、なすべき仕事・用事という意味 ...