「銃」と「砲」の違い

「銃」と「砲」の意味の違い

【銃】口径が小さい火器

【砲】口径が大きい火器

「銃」も「砲」も、どちらも火薬などにより弾丸を発射させる武器・兵器(火器)を意味し、合わせて「銃砲」といいます。

「銃」と「砲」との違いは、銃身・砲身の大きさ(口径)の違いにあります。

「銃」は、口径が比較的小さくて、一人で携帯することができるものを指します。拳銃・小銃・機関銃・猟銃・散弾銃・空気銃などの種類があります。

「砲」は、口径が比較的大きいものを指します。狭義では、大砲と呼ばれる、台車や車両に据え付けられるものを指します。

「銃」の使用例

  • 銃を手に取る(構える)
  • 銃口
  • 銃弾

「砲」の使用例

  • 砲門を開く
  • 砲兵
  • 砲台