紛らわしい語異字同訓

「当てる」「充てる」「宛てる」の意味の違い

【当てる】触れさせる、的中させる、対応させる

【充てる】ある目的に振り向ける

【宛てる】届け先とする

「当てる」「充てる」「宛てる」は、いずれもアテルと読む ...

紛らわしい語異字同訓

「有る」と「在る」の意味の違い

【有る】持つ、備わる、存在する

【在る】存在する

「有る」と「在る」は、ともにアルと読む異字同訓の語です。

「有る」は、なにかを持っている、備わっていること、存在するこ ...

紛らわしい語異字同訓

「足」と「脚」の意味の違い

【足】くるぶしから先の部分

【脚】胴から下の部分

「足」も「脚」も、どちらもアシと読む異字同訓の語です。

「あし」とは、人間をふくめた動物の胴体をささえる部分を指すことばで ...

紛らわしい語異字同訓

「上がる/上げる」「揚がる/揚げる」「挙がる/挙げる」の意味の違い

【上がる/上げる】(一般的)位置・程度が高くなる、終わる

【揚がる/揚げる】空中に浮かぶ、油で調理する

【挙がる/挙げる】はっきり示す、こぞって ...

紛らわしい語異字同訓

「値」と「価」の意味の違い

【値】ねうち、数値

【価】価格・値段

「値」と「価」は、ともにアタイと読む異字同訓の語です。

「値」は、値打ち・価値を意味する語です。

計算や測定によって得られ ...

紛らわしい語異字同訓

「返る/返す」と「帰る/帰す」の意味の違い

【返る/返す】向きが逆になる、元の持ち主や状態に戻る

【帰る/帰す】本来の場所に戻る

「返る/返す」と「帰る/帰す」は、いずれもカエル/カエスと読む異字同訓の語です。

紛らわしい語異字同訓

「張る」と「貼る」の意味の違い

【張る】伸ばし広げる、引き締まる、押し通す

【貼る】平たいものを接着させる

「張る」と「貼る」は、どちらもハルと訓読みする異字同訓の語です。

「張る」は、意味が豊富な語 ...

紛らわしい語同音異義

「習得」と「修得」の意味の違い

【習得】習い覚える

【修得】履修し終える

「習得」と「修得」とは、ともにシュウトクと読む同音異義語です。

「習得」は、学問や技術を習って覚えたり身につけたりすることを意 ...

紛らわしい語同音異義

「適正」と「適性」の意味の違い

【適正】適当で正しい

【適性】性質が適している

「適正」も「適性」も、ともにテキセイと読む同音異義語です。

「適正」は、基準や条件によくあてはまっていて正しいと考えられ ...

紛らわしい語

「つつましい」と「つましい」の意味の違い

【つつましい(慎ましい)】遠慮深い、しとやか

【つましい(倹しい)】

「つつましい」と「つましい」は、よく似ていて混同しやすい語です。

「つつましい」は、「慎 ...