紛らわしい語異字同訓

「乗る/乗せる」と「載る/載せる」の意味の違い

【乗る/乗せる】人が物に上がる、移動手段を利用する、応じる、調子が合う

【載る/載せる】荷物を積む、物が上に置かれる、収録される

「乗る/乗せる」と「載る/載せる」 ...

紛らわしい語同音異義

「転機」「転記」「転帰」の意味の違い

【転機】物事の変わりめ、きっかけ

【転記】他の場所に書き写す

【転帰】病気の結果

「転機」「転記」「転帰」は、いずれもテンキと読む同音異義語です。

「 ...

紛らわしい語異字同訓

「置く」と「措く」の意味の違い

【置く】(人・物を)ある位置・状態にとどめる、間隔を空ける

【措く】やめる、のぞく

「置く」と「措く」は、ともに「おく」と読む異字同訓の語です。

「置く」は、人や物をあ ...

紛らわしい語同音異義

「運行」と「運航」の意味の違い

【運行】(列車・バスなどが)路線を走る

【運航】(船・飛行機が)航路を進む

「運行」と「運航」は、いずれもウンコウと読む同音異義語です。

「運行」は、列車・バスなどの陸 ...

紛らわしい語同音異義

「休校」「休講」「休航」の意味の違い

【休校】学校が授業を休む

【休講】教師が授業を休む

【休航】(船・飛行機が)運航を休む

「休校」「休講」「休航」は、いずれも「きゅうこう」と読む異字同訓の語です。 ...

紛らわしい語異字同訓

「積む」「詰む」「摘む」の意味の違い

【積む】重ね置く、荷を載せる

【詰む】密になる、(王将が)逃げられなくなる

【摘む】指先に挟んで取る

「積む」「詰む」「摘む」は、いずれも「つむ」と読む異字同訓の ...

紛らわしい語異字同訓

「木」と「樹」の意味の違い

【木】一般的な木、材木

【樹】(大きな)立ち木

「木」と「樹」は、ともに「き」と読む異字同訓の語です。

どちらも植物としての木を指す語ですが、意味が少し違います。

紛らわしい語異字同訓

「立てる」「建てる」「樹てる」の意味の違い

【立てる】垂直にする、人をある地位につかせる、はっきり現れるようにする、立派なものにする

【建てる】建造物をつくる

【樹てる】しっかりしたものを作る

「立て ...

紛らわしい語異字同訓

「立つ」「建つ」「起つ」「発つ」の意味の違い

【立つ】垂直になる、ある場所・状況に身を置く、はっきり現れる、立派に成立する

【建つ】建造物ができる

【起つ】行動を起こす

【発つ】出発する

...

紛らわしい語異字同訓

「断つ」「絶つ」「裁つ」の意味の違い

【断つ】つながっていたものを切り離す、やめる

【絶つ】続いていたものを終わらせる

【裁つ】布や紙を寸法に合わせて切る

「断つ」「絶つ」「裁つ」は、いずれも「たつ」 ...