「づくし」と「ずくめ」の違い

接辞

「づくし」と「ずくめ」の意味の違い

【づくし(尽くし)】同類を並べあげること

【ずくめ(尽くめ)】そればかりであること

「づくし(尽くし)」と「ずくめ(尽くめ)」は、どちらも名詞の後について語を作る成分(接尾語)です。しかし、双方の意味に違いがあります。

「づくし」は、同類に属するものをすべて、あるいはできるだけ多く並べあげる意味を表します。

「ずくめ」は、そればかりである、それ以外のものがないことを意味します。

仮名遣いは、「尽くし」が「づ」、「尽くめ」が「ず」と書き表しすのが本則です。もっとも、「づくめ」と書いても間違いではありません。

「づくし」の使用例

  • 国づくし
  • 紋づくし
  • 野菜づくし
  • きのこづくし

「ずくめ」の使用例

  • 黒ずくめ
  • 結構ずくめ
  • いい事ずくめ