似た意味の語 紛らわしい語

「主旨」と「趣旨」の違い

投稿日:

「主旨」と「趣旨」の意味の違い

【主旨】中心的な意味・内容

【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由

「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。

「主旨」は、文章や談話などの中心となる意味・内容、言おうとしている事柄を意味します。この意味で「趣旨」の語を用いることもあります。

「趣旨」は、あることをするときの基本的な考え方、なんのためにするのかという目的・理由を意味します。

「主旨」の使用例

  • 論文の主旨(趣旨)
  • 主旨(趣旨)が伝わらない
  • 主旨(趣旨)をつかむ

「趣旨」の使用例

  • 設立の趣旨
  • 改正案の趣旨
  • 立法趣旨
  • 趣旨に反する(沿う)

-似た意味の語, 紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「即断」と「速断」の違い

「即断」と「速断」の意味の違い 【即断】 その場ですぐ決める 【速断】 急いで決める 「即断」と「速断」は、どちらもソクダンと読む同音異義語です。 「即断」は、その場ですぐに判断を下す意味です。 「速 …

no image

「偏在」と「遍在」の違い

「偏在」と「遍在」の意味の違い 【偏在】 かたよって存在する 【遍在】 あまねく存在する 「偏在」も「遍在」も、ともにヘンザイと読む同音異義語です。 「偏在」は、ある場所にだけ存在する、かたよって存在 …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「丸い」と「円い」の使い分け

「丸い」と「円い」の意味 「丸い」も「円い」も、どちらもマルイと読む異字同訓の語です。 「丸い」は、球形(または円形)をしていることや、角がないこと、円満・穏やかであることを意味します。 「円い」は、 …

no image

「放す」と「離す」の違い

「放す」と「離す」の意味の違い 【放す】 拘束を解いて自由にする 【離す】 くっついているものを分ける 「放す」も「離す」も、ともにハナスと読む同訓異字の語です。 「放す」は、握ったりつかんだりするこ …