「合う」「会う」「遭う」の違い

異字同訓

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い

【合う】一致する、調和する

【会う】人と対面する、集まる

【遭う】好ましくないことを経験する

「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。

「合う」は、物事が一致する、うまくあてはまるという意味です。そこから、互いに調和する、一体になる、いっしょのことをするという意味にも用いられます。

「会う」は、ある場所で人といっしょになる、対面するという意味です。恋人など親しい人とあうときは「逢う」を用いることがあります。対義語は「分かれる」。

「遭う」は、災難など好ましくないことに遭遇する、経験するという意味です。「遇う」と書くこともあります。

「合う」の使用例

  • 話が合う
  • つじつまが合わない
  • サイズが合う
  • 帳尻が合わない
  • 時計の針を合わせる
  • 答え合わせ
  • ネクタイの色が合わない
  • 溶け合う
  • 落ち合う
  • 愛し合う

「会う」の使用例

  • 友達と会う
  • 約束の場所で会う

「遭う」の使用例

  • ひどい目に遭う
  • 交通事故に遭う
  • 夕立に遭う