紛らわしい語

「賠償」と「補償」の違い

投稿日:

「賠償」と「補償」の意味の違い

【賠償】 違法行為による損害をつぐなう

【補償】 適法行為による損害をおぎなう

「賠償」と「補償」とは、似たような意味で混同しやすい語です。

「賠償」は、バイショウと読み、相手の権利を侵害するなどの違法な行為によって与えた損害をつぐなう場合に用いられる法令用語です。たとえば、他人の物をわざと壊したときは、その金額を賠償する責任が生じます。一般には、「弁償(べんしょう)」ともいいます。

「補償」は、ホショウと読み、適法な行為によって与えた損害を補う場合に用いられる法令用語です。たとえば、土地を収用した場合には、所有者が受けた損失は金銭で埋め合わせられます。

「賠償」の使用例

  • 損害を賠償する
  • 賠償責任
  • 賠償金

「補償」の使用例

  • 損失補償
  • 刑事補償
  • 補償金

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い 「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。 【仕分(け)】 区分・分類する 【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること どちらも、物事についての区 …

no image

「適用」と「摘要」の違い

「適用」と「摘要」の意味の違い 【適用】 当てはめて用いる。 【摘要】 要点の抜き書き。 「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。 「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当て …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い 【収める】好ましい結果を手に入れる 【納める】しかるべきところに入れる 【治める】混乱が起こらないようにする 【修める】自分を高める努力をする 「 …