紛らわしい語

「賠償」と「補償」の違い

投稿日:

「賠償」と「補償」の意味の違い

【賠償】 違法行為による損害をつぐなう

【補償】 適法行為による損害をおぎなう

「賠償」と「補償」とは、似たような意味で混同しやすい語です。

「賠償」は、バイショウと読み、相手の権利を侵害するなどの違法な行為によって与えた損害をつぐなう場合に用いられる法令用語です。たとえば、他人の物をわざと壊したときは、その金額を賠償する責任が生じます。一般には、「弁償(べんしょう)」ともいいます。

「補償」は、ホショウと読み、適法な行為によって与えた損害を補う場合に用いられる法令用語です。たとえば、土地を収用した場合には、所有者が受けた損失は金銭で埋め合わせられます。

「賠償」の使用例

  • 損害を賠償する
  • 賠償責任
  • 賠償金

「補償」の使用例

  • 損失補償
  • 刑事補償
  • 補償金

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「実体」と「実態」の違い

「実体」と「実態」の意味の違い 【実体】ものごとの正体、本当の内容 【実態】実際の状態 「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。 「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …