「幹事」と「監事」の違い

同音異義

「幹事」と「監事」の意味の違い

【幹事】団体の業務を取りまとめる人

【監事】団体の庶務を受け持つ人

「幹事」と「監事」とは、どちらもカンジと読む同音異義語です。

どちらも団体の役職を指すことばで、それぞれの役割分担に違いがあります。

「幹事」は、団体の中心となってその業務を取りまとめる役、またはその人を指します。親睦会の世話役を意味することもあります。

「監事」は、団体の庶務(いろいろな事務や雑用)を受け持つ役、またはその人を意味します。また、法人の役職としては、法人の業務を監督する内部の機関を指します。

「幹事」の使用例

  • 政党の幹事長
  • 新年会の幹事に指名される

「監事」の使用例

  • 後援会の監事を務める
  • 社団法人の監事を選任する