「記念」と「祈念」の違い

同音異義

「記念」と「祈念」の意味の違い

【記念】思い出に残す、記憶を新たにする

【祈念】神仏に祈る

「記念」と「祈念」は、ともにキネンと読む同音異義語です。

「記念」は、思い出のために残しておくこと、あるいはそのための物を意味します。また、何かの出来事の記憶を新たにするという意味もあります。

「祈念」は、よくなるように心の中で神仏に祈る意味です。祈願(きがん)。

「記念」の使用例

  • 記念になる
  • 卒業を記念する
  • 記念品
  • 記念日
  • 記念行事
  • 記念碑
  • 創立記念

「祈念」の使用例

  • 合格を祈念する
  • 平和祈念