紛らわしい語

「痛む」「傷む」「悼む」の違い

投稿日:

「痛む」「傷む」「悼む」の意味の違い

【痛む】痛苦を感じる

【傷む】傷ついたり腐ったりする

【悼む】人の死を嘆く

「痛む」「傷む」「悼む」は、いずれもイタムと読む異字同訓語です。

「痛む」は、強い刺激を受けて痛い、苦しいと感じるという意味です。苦痛。

「傷む」は、物が傷ついたり、腐ったりするという意味です。損傷、腐敗。

「悼む」は、人の死を嘆き悲しむという意味です。哀悼。

「痛む」の使用例

  • 腰が痛む
  • 傷口が痛む
  • 心(胸)が痛む
  • 懐が痛む〔=損をする〕

「傷む」の使用例

  • 家が傷む〔=壊れる〕
  • 傷んだミカン〔=腐る〕

「悼む」の使用例

  • 故人を悼む
  • 突然の死を悼む

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「合う」「会う」「遭う」の違い

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い 【合う】一致する、調和する 【会う】人と対面する、集まる 【遭う】好ましくないことを経験する 「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。 「 …

no image

「自制」と「自省」の違い

「自制」と「自省」の意味の違い 【自制】 感情・欲望を抑える 【自省】 自らを反省する 「自制」と「自省」とは、ともにジセイと読む同音異義語です。 「自制」は、自分の感情や欲望を抑えるという意味です。 …

no image

「賠償」と「補償」の違い

「賠償」と「補償」の意味の違い 【賠償】 違法行為による損害をつぐなう 【補償】 適法行為による損害をおぎなう 「賠償」と「補償」とは、似たような意味で混同しやすい語です。 「賠償」は、バイショウと読 …

no image

「後世」と「後生」の違い

「後世」と「後生」の意味の違い 【後世】のちの時代 【後生】あとから生まれる(学ぶ)人 「後世」も「後生」も、ともにコウセイと読む同音異義語です。 「後世」は、自分たちが死んだのちの時代を意味します。 …

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …