「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い

「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。

【仕分(け)】 区分・分類する

【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること

どちらも、物事についての区分という意味を持ちますが、使われる場面が異なっています。

「仕分け」は、品物などを種類・用途などに応じて分類・整理すること。

「仕訳」は、複式簿記における取引の分析・記録の一つ。

「仕訳」は簿記用語であり、一般的には「仕分け」の語を用います。

「仕分け」の使用例

  • 届いた荷物を仕分ける
  • 商品を仕分けるバイト
  • 事業仕分け
  • 仕分け作業
  • 仕分け機
  • 仕分け財布

「仕訳」の使用例

  • 仕訳帳
  • 貸借の仕訳
  • 仕訳伝票

注意点

動詞にする際、「仕分ける」と表すことはできますが、「仕訳る」と表すことはできません。

「仕訳する」と表しましょう。