「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

異字同訓

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い

【収める】好ましい結果を手に入れる

【納める】しかるべきところに入れる

【治める】混乱が起こらないようにする

【修める】自分を高める努力をする

「収める」「納める」「治める」「修める」は、いずれもオサメルと読む異字同訓の語です。

「収める」は、好ましい結果を手に入れる、取り入れるという意味です。元の望ましい状態に戻すという意味にも用いられ、その意味で用いるときは「治める」に書き換えることができます。収入、収得、収拾。

「納める」は、しかるべきところに入れる・しまうという意味です。おもに決められた金品を渡す場合に用いられます。「収める」と書くこともあります。納入、納付、収納。

「治める」は、混乱や災害が起こらないようにうまく処理する、防止するという意味です。統治。

「修める」は、自分の能力を高めたり、身持ちをよくしたりするための努力をするという意味です。修業、修養。

「収める」の使用例

  • 利益を収める
  • 成功を収める
  • 権力を手中に収める
  • カメラに収める
  • 全集に収める
  • けんか(争い・混乱・騒ぎ)を収める(治める)

「納める」の使用例

  • 税金を納める(収める)
  • 注文の品を納める(収める)
  • 金庫に納める(収める)
  • 胸(の中)に納める(収める)
  • 棺に納める(収める)

「治める」の使用例

  • 国を治める
  • 水を治める〔=水害を防止する〕
  • 家を治める〔=家事をうまくこなす〕

「修める」の使用例

  • 学問を修める
  • 身を修める