「対象」「対称」「対照」の違い

同音異義

「対象」「対称」「対照」の意味の違い

【対象】目標となるもの、相手

【対称】対応しあってつりあう

【対照】比べあわせる

「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。

「対象」は、なんらかの働きかけを行う目標となるもの・相手を意味します。オブジェクト。

「対称」は、お互いに対応し合ってつり合いがとれていることを意味します。あるいは、二つの図形がある点・線・平面をはさんで向き合う位置にあり、ぴったり重なり合うこと。シンメトリー。

「対照」は、二つのものを比べ合わせるという意味です。違いがきわだつという意味にも用いられます。コントラスト。

「対象」の使用例

学生を対象とした調査

非難の対象となる

研究対象

恋愛対象

「対称」の使用例

左右対称の文字

線対称・点対称・面対称

対称図形

「対照」の使用例

コピーと原文とを対照する

比較対照する

貸借対照表

好対照の二人

対照の妙