「公言」「広言」「巧言」「高言」の違い

同音異義

「公言」「広言」「巧言」の意味の違い

【公言】堂々と言う

【広言】口にまかせて言う

【巧言】ことば巧みに言う

【高言】えらそうに言う

「公言」「広言」「巧言」「高言」は、いずれもコウゲンと読む同音異義語です。

「公言」は、みんなの前で堂々と言うこと・そのことばを意味します。公表。

「広言」は、口に任せて相手かまわず大きなことを言うこと、大口をきくこと、あるいはそのことばを意味します。荒言(こうげん)。

「巧言」は、ことばを巧みに飾って言うこと・そのことばを意味します。本心ではそう思っていないのに、口先だけのことを言うときに用います。

「高言」は、いばって偉そうに言うこと・そのことばを意味します。

「公言」の使用例

  • 公言してはばからない
  • 天下に公言する

「広言」の使用例

  • 広言を吐く

「巧言」の使用例

  • 巧言に惑わされる
  • 巧言令色(れいしょく)〔=言葉を飾り、愛想よく取り繕うこと〕

「高言」の使用例

  • 高言を吐く
  • 高言が鼻持ちならない