「役不足」の意味と使い方

意味

役不足(やくぶそく)

実力とくらべて役目が軽すぎる

もともとは、役者が自分の配役に対して不満を表すことを意味することばです。

そこから、与えられた役目・役割がその人の実力からすると軽すぎること、あるいは、そのことに対して当人が不満をもつようすを表すようになりました。

使い方

使用例

  • 彼にその役職では役不足の感がある。
  • 役不足だと文句を言う。

よくある間違いは、「役不足」を自分の能力を謙遜することばとして用いることです。

  • 役不足ながら全力をつくしたいと思います。

これは、「役不足」を「力不足」の意味にはき違えたことによる誤用です。