「表す」「現す」「著す」の違い

異字同訓

「表す」「現す」「著す」の意味の違い

【表す】感情をおもてに出す、思考を示す

【現す】隠れていたものを見せる

【著す】本を書いて出す

「表す」「現す」「著す」は、いずれもアラワスと読む異字同訓の語です。

「表す」は、感情を表面に見えるようにする、思考をわかるようにして示すという意味です。表現、表明。

「現す」は、隠れていたものを見えるようにする、姿を出すという意味です。出現。対義語は「隠す」。

「著す」は、本を書いて世に出すという意味です。著作。

「表す」の使用例

  • 怒りを顔に表す
  • 考えを文章に表す
  • 敬意を表す
  • 彼の誠実さを表す〔=証明する〕
  • 赤は停止を表す

「現す」の使用例

  • 正体(姿)を現す
  • 頭角を現す
  • 月が雲間から現れる
  • 努力の現れ〔=結果〕
  • 真価が現れる
  • 悪事が現れる〔=露顕する〕

「著す」の使用例

  • 自伝を著す