九死一生(きゅうしいっしょう)

「九死一生」の意味

九死一生

読み:きゅうしいっしょう

意味:ほぼ助からない危険な状態から、かろうじて助かること

「九死」は、十のうち九までは死ぬであろうほど危ない状態を意味します。

そのような危険な状態から「一生」を得るということ。つまり、ほぼ助かる見込みがないような危険な状態から、かろうじて助かることを表しています。

九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)」という言い方で用いることもあります。

「九死一生」の使い方

(例)登山で大災害に遭遇したが、九死一生で難を逃れた。

ほぼ助からない危険な状態から、かろうじて助かることを表すときに用います。