「検討」と「見当」の違い

紛らわしい語同音異義

「検討」と「見当」の意味の違い

【検討】よく調べ考える

【見当】目当て、見込み

「検討」と「見当」は、いずれもケントウと読む同音異義語です。

「検討」は、問題となる事柄についてよく調べて、それがいいかどうかを考えることを意味します。

「見当」は、いろいろな事情からおそらくそうであると予想すること。目当て。見込み。狭い意味では、方向・方角を表す。


「検討」の使用例

  • 対策を検討する
  • 検討を加える(要する、重ねる)
  • 検討に値する
  • 検討の余地
  • 再検討

「見当」の使用例

  • 見当が付く〔=大体の予想ができる〕
  • 見当を付ける〔=見込みをつける〕
  • 見当違い
  • 7人見当〔=くらい、程度〕
  • 駅はこの見当だ〔=方向〕