「ボトルネック」の意味と使い方

「ボトルネック」の意味

【ボトルネック】物事の進行の妨げとなる事柄

「ボトルネック」は、bottleneck(瓶の首)から来ていることばです。すなわち、瓶の首が狭いためにそこを中身が通りにくくなっているように、物事を進めるうえで障害となっている個所・事柄を意味します。単に「ネック」と言ったりもします。

作業工程やシステムのなかで特定個所の処理能力・性能が低いとそれが原因となって、全体の能力・成果が低く抑えられる傾向があります。

日本語訳は、「隘路(あいろ)」。

「ボトルネック」の使用例

  • 人材不足がボトルネックになっている。
  • 製造工程のボトルネックを探す(改善する)。
  • ボトルネック効果