「プラットフォーム」の意味と使い方

ビジネス

「プラットフォーム」の意味

【プラットフォーム】環境、基盤(きばん)

「プラットフォーム」(英platform)は、高くて平らな場所(壇、台)が原義であり、そこから、駅で客が乗り降りしたり、荷の積み下ろしをする場所や演壇、厚底靴を指したりします。

一般には、本来の意味から転じて、物事の土台や基盤、環境を構築、整備することを指してこの語が用いられています。

たとえば、ビジネスで「プラットフォーム」という場合は、ビジネスの場(を提供すること)を指します。

また、コンピューターで「プラットフォーム」という場合は、アプリケーションが動く土台となる部分(ハードウェアやOSなど)を指します。

官公庁などの組織が取り組む施策・事業のうち、基盤づくり、環境整備といった側面をもつものは、「〇〇〇プラットフォーム」などと名付けられることが多くあります。

その他さまざまな場面でこの語が用いられています。

「プラットフォームの使用例」

  • プラットフォーム事業
  • プラットフォームビジネス
  • プラットフォームサービス
  • マイキープラットフォーム
  • 地域教育プラットフォーム