「努める」「務める」「勤める」の違い

異字同訓

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い

【努める】 努力する

【務める】 任務を果たす

【勤める】 勤務する

「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。

「努める」は、目的のためにがんばる、努力するという意味で、「勉める」とも書きます。

「務める」は、与えられた任務・役割を果たすという意味です。

「勤める」は、職に就いて働く、労働に従事するという意味です。

「努める」の使用例

  • 看病に努める
  • 解決に努める
  • 研究(開発)に努める
  • 泣くまいと努める

「務める」の使用例

  • 司会役(案内人)を務める
  • 大役(主役)を務める
  • 刑期を務める
  • 主婦の務め

「勤める」の使用例

  • 会社に勤める
  • 勤めに出る