「痛む」「傷む」「悼む」の違い

異字同訓

「痛む」「傷む」「悼む」の意味の違い

【痛む】痛苦を感じる

【傷む】傷ついたり腐ったりする

【悼む】人の死を嘆く

「痛む」「傷む」「悼む」は、いずれもイタムと読む異字同訓語です。

「痛む」は、強い刺激を受けて痛い、苦しいと感じるという意味です。苦痛。

「傷む」は、物が傷ついたり、腐ったりするという意味です。損傷、腐敗。

「悼む」は、人の死を嘆き悲しむという意味です。哀悼。

「痛む」の使用例

  • 腰が痛む
  • 傷口が痛む
  • 心(胸)が痛む
  • 懐が痛む〔=損をする〕

「傷む」の使用例

  • 家が傷む〔=壊れる〕
  • 傷んだミカン〔=腐る〕

「悼む」の使用例

  • 故人を悼む
  • 突然の死を悼む