「始終」と「終始」の違い

「始終」と「終始」の意味の違い

【始終(しじゅう)】最初からの事情

【終始(しゅうし)】最後まで変わらない

「始終」と「終始」は、お互いに似ているようで、意味が少し異なる語です。

「始終」は、物事のはじめから終わりまでの事情を意味します。物事が移り変わっていく成り行きの全部。

「終始」は、はじめの状態・態度が最後まで変わらないことを意味します。途中変化せずに貫き通す。

なお、「始終」と「終始」のいずれも、「いつも、常に」という意味で用いられることがあります。

「始終」の使用例

  • 事の始終を話す
  • 一部始終〔=はじめから終わりまでの全事情〕
  • 始終勉強している

「終始」の使用例

  • すれ違いに終始する
  • 終始一貫〔=はじめから終わりまで貫き通すこと〕
  • 終始変わらない態度