巧言令色(こうげんれいしょく)

「巧言令色」の意味

巧言令色

読み:こうげんれいしょく

意味:相手の機嫌をとるためにこびへつらうこと

「巧言」は、ことばを巧みにかざること。

「令色」は、こびへつらう顔つきという意味。

相手の機嫌をとろうとして、口先だけのうまいことを言ったり表情を繕(つくろ)ってみせたりするなど、こびへつらう態度をとることを表します。

「巧言令色、鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)」 で、巧言令色の人には誠実な人間は少ないという意味になります。(『論語』にあることば)

「巧言令色」の使い方

(例)営業マンのその場かぎりの巧言令色に惑わされてはいけない。

相手の機嫌をとるためにこびへつらうことを表すときに用います。