「成年」「青年」「盛年」の違い

同音異義

「成年」「青年」「盛年」の意味の違い

【成年】成人となる年齢

【青年】青春期の若者

【盛年】元気盛んな年ごろ

「成年」「青年」「盛年」は、いずれもセイネンと読む同音異義語です。

「成年」は、成人(一人前の社会人)として認められる年齢を意味します。法律上・社会上は20歳または18歳が成年年齢とされています。2022年4月1日からは、民法の成年年齢が18歳になります。対義語は「未成年」。

「青年」は、青春期にある若い男または女を意味します。およそ10歳後半から20歳台までを指すことがふつうです。人生の期間を「少年」「壮年」「中年」などに分類する際の一つ。

「盛年」は、若くて心身の働きが盛んな年ごろ、血気盛んな年ごろを意味します。

「成年」の使用例

  • 成年に達する
  • 成年年齢
  • 成年後見制度

「青年」の使用例

  • 青年団
  • 万年青年〔=年をとっても若々しく見える人〕

「盛年」の使用例

  • 盛年重ねて来(きた)らず〔=若い盛りの時期は二度とは来ないのであるから、その時を無駄にすごしてはいけない〕