「おざなり」と「なおざり」の違い

「おざなり」と「なおざり」の意味の違い

【おざなり(御座成り)】その場かぎりの対応をする

【なおざり(等閑)】深く気にかけない

「おざなり」と「なおざり」は、語形も意味も似ていますが、ニュアンスが微妙に異なることばです。

「おざなり(御座成り)」は、その場かぎりの間に合わせの対応をすること・さまを意味します。当座だけとりつくろっいて、実はいいかげんであることです。

「なおざり(等閑)」は、深く気にかけなかったり、いいかげんに放っておいたりすること・さまを意味します。おろそか、ぞんざい、とうかん、粗略。

どちらも基本的に「いいかげん」というニュアンスがありますが、「おざなり」のほうは一応は対応をするのに対して、「なおざり」のほうは対応をしないか粗末であるという違いがあります。

「おざなり」の使用例

  • おざなりを言う
  • おざなりな挨拶
  • 面接でおざなりな対応をされる

「なおざり」の使用例

  • 警告をなおざりにする
  • なおざりな返事
  • しつけを等閑にする