「おっしゃる」の意味と使い方

敬語尊敬語

「おっしゃる」の意味

おっしゃる(仰る)

意味:「言う」の尊敬語

「仰せある」が変化した語です。「仰(おお)す」は、上位の者が下位の者に対して命令する・言いつけるという意味です。

そこから、目上の人が「言う」ことの尊敬語として使われます。

同じ意味の尊敬語として「言われる」がありますが、「おっしゃる」のほうが敬意が高い表現です。

「おっしゃる」の命令形は「おっしゃい」ですが、敬意はないので目上の人に対して使うことはできません。

「おっしゃる」の使い方

目上の人が「言う」ことを表します。

あなたがおっしゃるとおりです。
ご遠慮なくおっしゃってください。
先生は、そのようにおっしゃいました。(連用形)

「おっしゃる」にさらに尊敬を表す「れる」を付けて「おっしゃられる」などとするのは、二重敬語であって好ましくありません。

✕ 社長がおっしゃられるとおりにしました。
○ 社長がおっしゃるとおりにしました。

「おっしゃる」の命令形「おっしゃい」は、敬意のない表現ですので、目上の人に対して用いることはできません。

うそおっしゃい
何とかおっしゃい

ちなみに、「何とおっしゃいましたか」の「おっしゃい」は連用形ですので、尊敬語として用いることができます。

「おっしゃる」の類似表現

  • 言われる
  • お話になる