「ご存じ(御存知)」の意味と使い方

尊敬語

「ご存じ(御存知)」の意味

ご存じ(御存知、ごぞんじ)

意味:「知っている」の尊敬語

「存じ(存知)」は「知っている」の意味、それに尊敬を表す「ご(御)」が付いている形です。

目上の人が何かを知っていることを表すときの尊敬語です。

ご承知」〔=「理解する」の尊敬語〕と意味が似ていて、置きかえることができる場合もあります。

似た形の「存じる」や「存じ上げる」は謙譲語であって、目上の人が知っていることに対して用いるのは不適切です。

「ご存じ(御存知)」の使い方

目上の人が何かを知っていることを表すときに、「ご存じの~」「ご存じだ(です)」などの形で用います。

それについては、皆さまもご存じの通りです。
田中先生も、その話をご存じだと思います。
お客様、弊社についてご存じでしょうか。

「ご存じ」は、尊敬語なので、自分が知っていることを表すために用いることはできません。

自分のことを表す場合には、謙譲語の「存じる」や「存じ上げる」を用います。

✕ その件につきましては、私どももご存じです
〇 その件につきましては、私どもも存じています

「ご存じ(御存知)」の類似表現

  • ご承知〔=「理解する」の尊敬語〕
  • 存じる・存じ上げる〔=「知る・思う」の謙譲語〕