「なさる」の意味と使い方

尊敬語

「なさる」の意味

なさる(為さる)

意味:「(~)する」の尊敬語

「する」という動詞を「なさる」に変えると尊敬を表すことができます。

「仕事する」「ゴルフする」のような複合語であっても、「仕事なさる」「ゴルフなさる」のような形にして尊敬語に変えることができます。

複合語の場合には、「お(ご)~なさる」の形で用いることも多くあります。「お喜びなさる」「ご到着なさる」など。

同じ役割を担う尊敬語として、「(~)される」「お(ご)~になる」があります。

「なさる」の使い方

目上の人の行為「(~)する」を「(~)なさる」に変えて尊敬の意味を表します。

お客様が試着をなさる
どうなさいましたか。
大学で経済学を専攻なさったそうですね。
休日をエンジョイなさってください。

「お(ご)~なさる」の形で用いられることもあります。

ご両親もさぞお喜びなさったことでしょう。
もうすぐお客様がご到着なさいます。

「なさる」の命令形「なさい」は、敬意がないので、目上の人に対して用いることは適切ではありません。

好きなようになさい
もう遅いから帰りなさい

「なさる」の類似表現

  • (~)される〔=「(~)する」の尊敬語〕
  • お(ご)~になる〔=「(~)する」の尊敬語〕
  • あそばす〔=「する」の尊敬語〕