「お見えになる」の意味と使い方

尊敬語

「お見えになる」の意味

お見えになる(おみえになる)

意味:「来る」「いる」の尊敬語

「見える」には、「来る」あるいは「いる」の尊敬語としての用法があります。

「見える」のままでも尊敬語として通用しますが、さらに「お見えになる」の形にすることで敬意のより高い表現になります。「来られる」「おられる」よりも敬意の高い尊敬語です。

「お見えるになる」は、「来る」の意味で、「いらっしゃる」「お越しになる」「おいでになる」などに置きかえることができます。

また、「いる」の意味では、「いらっしゃる」「おいでになる」などに置きかえることができます。

「お見えになる」の使い方

目上の人が「来る」または「いる」ことを表す尊敬語として用います。

本日面会予定のお客様がお見えになりました。(来る)
お客様は、さきほどまでこちらにお見えになりました。(いる)

尊敬語ですので、身内の者の動作について用いることはできません。

✕ もう少しで、部長の田中がお見えになります。
○ もう少しで、部長の田中が参ります。

「お見えになられる」は、「お見えになる」にさらに尊敬を表す「れる」が付いたもので、いわゆる二重敬語です。過剰な敬語として不適切な表現であるとされています。

✕ 成人式に市長がお見えになられた。
○ 成人式に市長がお見えになった。

「お見えになる」の類似表現

  • 来られる
  • おられる〔=「いる」の尊敬語〕
  • いらっしゃる〔=「行く・来る・いる」の尊敬語〕
  • おいでになる〔=「行く・来る・いる」の尊敬語〕
  • お越しになる〔=「行く・来る」の尊敬語〕