「あそばす」の意味と使い方

尊敬語

「あそばす」の意味

あそばす(遊ばす)

意味:「する」の尊敬語

「する」という意味の尊敬語で、同じ「する」の尊敬語である「される」「なさる」よりも高い敬意を表します。

お(ご)~あそばす」の形で用いることもあります。

とくに命令形の「あそばせ」にすると、女性が使う丁寧な表現(いわゆる「あそばせ言葉」)になります。

さらに尊敬を表す「れる」を付けて「あそばされる」とすると、特別な地位の人に用いる尊敬語となります。

「あそばす」の使い方

「する」の尊敬語として用います。「される」「なさる」よりも敬意が高くなります。

これから何をあそばしますか。
お客さまは、さきほどお帰り遊ばしました。

お(ご)~あそばせ」の形で、女性が用いる丁寧語「あそばせ言葉」になります。

お帰りあそばせ。
お出かけあそばせ

御免遊ばせ

「れる」を付けて「遊ばされる」の形にすると、敬意がもっとも高くなります。

女王陛下がご即位遊ばされる
殿下がいかが遊ばされましたか。

「あそばす」の類似表現

  • される〔=「する」の尊敬語〕
  • なさる〔=「する」の尊敬語〕