紛らわしい語

「即する」と「則する」の違い

投稿日:2016年9月10日 更新日:

「即する」と「則する」の意味の違い

【即する】事態に合わせる

【則する】基準にして従う

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。

「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味です。

理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時々の事態にぴったり適合させるということです。

「則する」は、ある事柄を基準として従うという意味です。

理論・規則・手本といったものをよりどころとして何かをするということです。「則る(のっとる)」と読む場合も同義。

「即する」の使用例

  • 現実に即する
  • 変化に即する
  • 生活に則する
  • 事実に即して考える
  • 実情に即して対処する
  • 時代に即した教育

「則する」の使用例

  • 法に則する
  • 社会規範に則する
  • 基本方針に則する
  • 前例に則して行う

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「賠償」と「補償」の違い

「賠償」と「補償」の意味の違い 【賠償】 違法行為による損害をつぐなう 【補償】 適法行為による損害をおぎなう 「賠償」と「補償」とは、似たような意味で混同しやすい語です。 「賠償」は、バイショウと読 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「代える(代わる)」「変える(変わる)」「替える(替わる)」「換える(換わる)」の違い

「代える」「替える」「変える」「換える」の意味の違い 【代える(代わる)】 ある役割を他の人・物にさせる 【変える(変わる)】 前と違った状態にする 【替える(替わる)】 新しいものにする 【換える( …

no image

「合う」「会う」「遭う」の違い

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い 【合う】一致する、調和する 【会う】人と対面する、集まる 【遭う】好ましくないことを経験する 「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。 「 …