紛らわしい語

「即する」と「則する」の違い

投稿日:2016年9月10日 更新日:

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。

 

「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。

理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時々の事態にぴったり適合させるという意味です。

「現実に即する」「変化に即する」「生活に則する」「事実に即して考える」「実情に即して対処する」「時代に即した教育」など。

 

「則する」は、ある事柄を基準として従うという意味で用います。

理論・規則・手本といったものをよりどころとして何かをするという意味です。「則る(のっとる)」と同義。

「法に則する」「社会規範に則する」「基本方針に則する」「前例に則して行う」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「平行」と「並行」の違い

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。 「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。 用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」 「並行」は …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …