紛らわしい語

「即する」と「則する」の違い

投稿日:2016年9月10日 更新日:

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。

 

「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。

理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時々の事態にぴったり適合させるという意味です。

「現実に即する」「変化に即する」「生活に則する」「事実に即して考える」「実情に即して対処する」「時代に即した教育」など。

 

「則する」は、ある事柄を基準として従うという意味で用います。

理論・規則・手本といったものをよりどころとして何かをするという意味です。「則る(のっとる)」と同義。

「法に則する」「社会規範に則する」「基本方針に則する」「前例に則して行う」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、人が作った物のうち販売することを目的として作られた品物を指します。 「商品」は、販売するために作られ、あるいは仕入れて陳 …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …