「記す」と「印す」の違い

紛らわしい語異字同訓

「記す」と「印す」の意味の違い

【記す】文字を書き留める、覚えておく

【印す】痕跡をのこす、しるしを付ける

「記す」と「印す」は、どちらも「しるす」と読む異字同訓の語です。

「記す」は、文字・記号を書き留めることを意味します。また、覚えておくという意味もあります。「誌す」「識す」と書くこともあります。

「印す」は、痕跡を残したり、しるしを付けたりすることを意味します。「標す」とも書きます。

「記す」の使用例

  • 名簿に名を記す
  • 議事録に記す
  • 心(胸)に記す

「印す」の使用例

  • 足跡(第一歩)を印す
  • 傍点(チェック)を印す
  • 紋章が印される