「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の意味の違い

【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。

【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。

「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。

「写す」は、物や文書などの原物をありのままにかき表す意味です。また、見聞したことを絵や文章などで表現する場合にも用いられます。

「映す」は、鏡・水面・スクリーンなどの上に光があたって物の姿が現れることを意味します。そこから、何かの影響を受けている意味にも用いられます。

「写す」の使用例

  • 黒板をノートに書き写す
  • 契約書の写し(=副本)
  • 原画を写し取る
  • 写真を写す(=撮る)
  • 写し物
  • 風景をスケッチブックに写す
  • 筆に写す

「映す」の使用例

  • 鏡に姿を映す
  • 映画をスクリ―ンに映す
  • 水面に月が映し出される
  • 世相を映す
  • 映し絵(=影絵)