「媒介」と「媒体」の違い

「媒介」と「媒体」の意味の違い

【媒介(ばいかい)】仲立ちをする働き

【媒体(ばいたい)】仲立ちをするもの

「媒介」は、二つのものの間に立って両者の間を仲立ちするという意味です。橋渡し、とりもち、きもいり。

「媒体」は、媒介をする物、すなわち一方から他方へ伝える仲立ちの役割をする物を意味します。そこから、伝染病を媒介するものを指したり、情報伝達を媒介する手段を指したりします。

「媒介」の使用例

  • 蚊がマラリアを媒介する。
  • 情報伝達を媒介する神経
  • 媒介動物〔=感染症を媒介する動物〕

「媒体」の使用例

  • ペストはネズミを媒体とする。
  • コミュニケーションの媒体
  • 広告媒体・宣伝媒体
  • 記録媒体〔=情報を記録・保管するための物ないし装置〕
  • 紙媒体

「メディア(media)」

「媒体」と同じ意味をもつことばに、「メディア(media)」があります。

「メディア」とは、情報伝達の媒体という意味で、一般に手紙・新聞・雑誌・ポスター・ラジオ・テレビ・インターネットといった伝達手段を指します。

「メディア」のうち、新聞・雑誌・テレビのように、とくに大衆に向けて広く情報を発信する媒体を「マスメディア(mass media)」と呼びます。

なお、メモリーや磁気ディスクなどのような情報を記録・保管するための物ないし装置(記録媒体)も、「メディア」と呼びます。