「影」と「陰」の違い

異字同訓

「影」と「陰」の意味の違い

【影】光をさえぎってできる黒い形、物の形、姿

【陰】光が当たらない、 隠れて見えない所

「影」と「陰」は、どちらもカゲと読む異字同訓の語です。

「影」は、光が何かにさえぎられると現れる黒い形のことです。物の形、姿の意味にも用います。また、日・月・明かりなどの光を意味することもあります。

「陰」は、光(風雨)が何かにさえぎられて直接当たらない所を意味します。そこから、人目につかない、見えない部分を意味することもあります。

簡単にいうと、「影」は見えますが、「陰」は見えません。

「影」の使用例

  • ビルの影
  • 影絵
  • 人影がない
  • 水面に山影がうつる
  • うわさをすれば影
  • 影が薄い
  • 影が差す
  • 影も形もない
  • 見る影もない
  • 影を潜(ひそ)める
  • 戦争の影

「陰」の使用例

  • 木の陰にかくれる
  • 山陰にひそむ
  • 陰で悪口を言う
  • 陰で支える
  • 陰になり日向(ひなた)になり
  • 陰で糸を引く
  • 陰ながら応援する
  • 陰のある人
  • 草場の陰