七転八倒(しちてんばっとう、しちてんはっとう)

「七転八倒」の意味

七転八倒

読み:しちてんばっとう、しちてんはっとう

意味:激しい苦痛で転げまわること

何度も転んだり倒れたりするほど悶え苦しむという意味。

つまり、あまりの痛さ・苦しさに耐えきれず、あちこち転げ回ることを表しています。

「七八倒」と書くこともあります。

また、「しってんばっとう」と読むこともあります。

似た四字熟語の「七転八起(しちてんはっき)」と紛らわしいので、注意しましょう。

「七転八倒」の使い方

(例)食あたりを起こして七転八倒の苦しみを味わった。

激しい苦痛で転げまわることを表すときに用います。