「警視庁」と「警察庁」の違い

「警視庁」と「警察庁」の意味の違い

【警視庁(けいしちょう)】東京都の警察本部

【警察庁(けいさつちょう)】警察行政に関する中央機関

「警視庁」は、東京都に置かれた警察行政の本部を指します。各都道府県には警察行政をつかさどる本部が設置されていて、「〇〇県警」「〇〇府警」などと呼ばれていますが、東京都の場合だけ「警視庁」と呼びます。これらの都道府県警察本部は、都道府県公安委員会の管理下に置かれています。

「警察庁」は、国家公安委員会の管理下に置かれた警察行政に関する中央機関をいいます。警察行政に関する企画立案や都道府県警察行政の指揮監督などを含めたさまざまな役割を担います。

ちなみに、それぞれの機関の長の名称は、警視庁が「警視総監(けいしそうかん)」、道府県警察本部が「本部長(ほんぶちょう)」、警察庁が「警察庁長官(けいさつちょうちょうかん)」となっています。