「以下」と「未満」の違い

「以下」と「未満」の意味の違い

【以下(いか)】それと同じまたは小さい

【未満(みまん)】それより小さい

「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。

ただし、「以下」を用いる場合は基準となる数値をも含みますが、「未満」を用いる場合は含みません。

また、「以下」には、そこから下という意味や、それに劣るという意味もあります。対義語は「以上」。

「以下」の使用例

  • 1万円以下の予算
  • 中学生以下は半額
  • 以下省略・以下同文
  • あいつの実力はおれ以下だ
  • 理事長以下10名の役員〔=それを含めてそれより下位の者全員〕

「未満」の使用例

  • 20歳未満を対象とする調査