「勧める」と「薦める」の違い

異字同訓

「勧める」と「薦める」の意味の違い

【勧める】行為をうながす

【薦める】人・物を推(お)す

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促(うなが)すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。

「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいとしてそれを採用するように働きかけるという意味をあらわします。

「勧める」という語はある行為について言う場合に用いるのに対して、「薦める」という語は人や物について言う場合に用います。

たとえば、「読書」(=本を読むこと)という行為を対象とする場合には「勧める」を用いますが、具体的な物としての「本」ほ対象とする場合には「薦める」を用います。

ただし、「酒を勧める」「席を勧める」というように、相手に直接物を差し出してその飲食・使用を促す場合には、「勧める」のほうを用います。

類語

勧める:勧誘、勧奨、奨励

薦める:推薦、推挙、推奨

「勧める」の使用例

  • 入会を勧める
  • 読書を勧める
  • 立候補することを勧める
  • 省エネを勧める(奨める)
  • 食事を勧める

「薦める」の使用例

  • この辞書を薦める
  • 候補者として彼を薦める
  • お薦め有望株