「即する」と「則する」の違い

異字同訓

「即する」と「則する」の意味の違い

【即する】現実の事態に合わせる

【則する】基準にして従う

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。

「即する」は、理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時々の事態にぴったり適合・適応させるという意味です。

「則する」は、ある事柄を基準としてそれに従うという意味です。理論・規則・手本といったものをよりどころとして何かをするということです。「則(のっと)る」と読む場合も同義。

「即する」の使用例

  • 現実に即する
  • 変化に即する
  • 生活に則する
  • 事実に即して考える
  • 実情に即して対処する
  • 時代に即した教育

「則する」の使用例

  • 法に則する
  • 社会規範に則する
  • 基本方針に則する
  • 前例に則して行う