「寄る」「因る」「拠る」「依る」の違い

異字同訓

「寄る」「因る」「拠る」「依る」の意味の違い

【寄る】近づく・集まる・重なる

【因る】原因・理由とする

【拠る】根拠とする

【依る】依存する、関係がある

「寄る」「因る」「拠る」は、いずれも「よる」と読む異字同訓の語です。

「寄る」は、何かに近づくという意味です。そこから、集まる・重なる、一か所に片寄る、目的地へ行く途中で他の場所をたずねる、何かにもたれかかるという意味が派生します。

「因る」は、それを原因・理由とするという意味です。「AによってBする」「AによるB」という場合、「Aを原因としてBという結果になる(こと)」という意味を表します。「由る」とも書きます。

「拠る」は、それを根拠とするという意味です。

「依る」は、ある手段・方法に頼る・依存するという意味です。また、それと関係がある・それ次第であるという意味もあります。

「寄る」の使用例

  • そばに寄る
  • 大勢で寄って話し合う
  • しわが寄る/年が寄る
  • 重心が右に寄る
  • コンビニに寄る(立ち寄る)
  • 椅子(いす)に寄る
  • 寄ると触(さわ)ると〔=集まって問題にするたびに〕
  • 三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵〔=凡人でも3人集まって話し合えばすばらしい知恵が生まれる〕
  • 寄る年波(としなみ)には勝てない〔=老化には誰も抵抗できない〕
  • 寄らば大樹の陰(かげ)〔=頼るなら力のある者にかぎる〕

「因る」の使用例

  • 不注意に因って(由って)事故を起こす
  • 病気に因る(由る)欠勤/労働に因る(由る)収入

「拠る」の使用例

  • 前例に拠って処分する
  • 調査(報告)に拠ると
  • 命令(要請)に拠って〔=従って〕
  • 拠って立つ〔=依拠する〕
  • 拠り所〔=土台となるもの〕
  • 城に拠る〔=立てこもる〕

「依る」の使用例

  • 話し合いに依る解決
  • 音楽に依る表現
  • 仕送りに依る生活
  • 努力いかんに依る
  • 天気に依る
  • 時と場合に依る
  • 何事に依らず〔=かかわらず〕