紛らわしい語異字同訓

「思う」と「想う」の意味の違い

【思う】考えたり感じたりする

【想う】心に浮かべる、心がひかれる

「思う」と「想う」とは、どちらも「おもう」と読む異字同訓の語です。

一般には、「思う」を用いますが、情 ...

紛らわしい語異字同訓

「寄る」「因る」「拠る」「依る」の意味の違い

【寄る】近づく・集まる・重なる

【因る】原因・理由とする

【拠る】根拠とする

【依る】依存する、関係がある

「寄る」「因る」「拠る」は、いずれ ...

紛らわしい語異字同訓

「世」と「代」の意味の違い

【世】世間・社会、一生

【代】ある人物や家系が統治していた期間

「世」も「代」も、ともに「よ」と読む異字同訓の語です。

「世」は、人々が暮らしている場、世間、社会といった意 ...

紛らわしい語異字同訓

「良い」と「善い」の意味の違い

【良い】優れている、好ましい

【善い】道徳的に望ましい

「良い」と「善い」とは、どちらも「よい」または「いい」と読む異字同訓の語です。

「よい」は主に書き言葉で、「いい ...

紛らわしい語異字同訓

「旨い」と「巧い」の意味の違い

【旨い】おいしい、条件がよい

【巧い】上手だ

「旨い」と「巧い」は、どちらも「うまい」と読む異字同訓の語です。

「旨い」は、味がよい・おいしい、あるいは、条件や都合がよ ...

紛らわしい語同音異義

「好期」と「好機」の意味の違い

【好期】ちょうどよい時期

【好機】ちょうどよい機会

「好期」も「好機」も、ともにコウキと読む同音異義語です。

「好期」は、何かをするのにちょうどよい時期・時節を意味しま ...

紛らわしい語異字同訓

「憂い」と「愁い」の意味の違い

【憂い】心配・不安になること

【愁い】悲しい気持ち

「憂い」と「愁い」は、ともに「うれい」と読む異字同訓の語です。

「憂い」は、心配になったり不安になったりすることを表 ...

紛らわしい語異字同訓

「奢る」と「驕る」の意味の違い

【奢る】ぜいたくする、ごちそうする

【驕る】人を見下してわがままになる

「奢る」と「驕る」は、どちらも「おごる」と読む異字同訓の語です。

「奢る」は、過度なぜいたくをす ...

紛らわしい語異字同訓

「掛かる」「懸かる」「架かる」「係る」の意味の違い

【掛かる】ぶら下がる、作用・影響が及ぶ

【懸かる】高い所に位置する

【架かる】一方から他方へ渡される

【係る】関係する

「掛かる」「懸か ...

紛らわしい語異字同訓

「掛ける」「懸ける」「架ける」「賭ける」の意味の違い

【掛ける】ぶら下げる、影響・作用を及ぼす

【懸ける】差し出す、託す

【架ける】一方から他方へ差し渡す

【賭ける】勝負事をする

「掛ける ...