「修業」と「修行」の違い

「修業」と「修行」の意味の違い

【修業(しゅうぎょう)】学芸を習い修める

【修行(しゅぎょう)】仏道を修める

「修業」は、シュウギョウと読み、学校などで決まった教育を受けることによって学術・技芸を身に着けることを意味します。

「修行」は、シュギョウと読み、仏教において、悟りの境地にいたるために精神的・肉体的な苦行を積み重ねることを意味します。また、学問・芸術・武術などにおいて自分の技術を磨くために研鑽(けんさん)を積む意味にも用いられます。後者の意味で「修業(しゅぎょう)」の語を用いることもあります。

「修業」の使用例

  • 修業証書
  • 全課程を修業する

「修行」の使用例

  • 修行を重ねる(積む)
  • 修行僧
  • 瞑想(めいそう)修行
  • まだまだ修行(修業)が足りない
  • 武者修行(修業)