敬語謙譲語

「おります」の意味

おります(居ります)

意味:「いる」の謙譲語・丁寧語

「おる(居る)」はある場所に「いる」、あるいはある動作をして「いる」という意味。それに丁寧の助動詞「ます」が付いた形です。

「 ...

敬語謙譲語

「おみそれ(御見逸れ)」の意味

おみそれ(御見逸れ)

意味:その人に気がつかない、相手の力量を見誤っていたことを表す謙譲語

「おみそれ」には、二つの意味があります。

一つは、その人に気がつかない、ある ...

敬語謙譲語

「差し上げる」の意味

差し上げる(さしあげる)

意味:「与える・やる」の謙譲語

「差し上げる」は、本来、手に持って高く上げるという意味です。そこから、二通りの意味を表します。

一つは品物を与えるという ...

敬語謙譲語

「ご覧に入れる」の意味

ご覧に入れる(ごらんにいれる)

意味:「見せる」の謙譲語

「ご(御)覧」は、「見る」ことの尊敬語です。

「ご覧に入れる」で、目上の人に見せるという意味の謙譲語になります。

敬語謙譲語

「お耳に入れる」の意味

お耳に入れる(おみみにいれる)

意味:「こっそり知らせる」の謙譲語

「耳に入れる」は、相手に聞かせるという意味。

「耳」に尊敬の接頭語「お(御)」が付いていることから、目上の人 ...

敬語謙譲語

「お見受けする」の意味

お見受けする(おみうけする)

意味:「見受ける」の謙譲語

「見受ける」は、それを見て何かを感じたり判断したりするという意味です。「~のように見える・~のような印象を受ける」。

...

敬語謙譲語

「存じ上げる」の意味

存じ上げる(ぞんじあげる)

【意味】「知る」の謙譲語

「存じる(存ずる)」は、「思う」あるいは「知る」の謙譲語・丁寧語です。

この「存じる」にさらにへりくだることを表す「上げる」 ...

敬語謙譲語

「お目にかかる」の意味

お(御)目にかかる

【意味】「会う」の謙譲語

「お(御)」は尊敬を表す接頭語、「目」は目上の人のそれ、「かかる」は、目にとまる・見られるという意味。

自分よりも目上の人に「会う ...