「ご覧に入れる」の意味と使い方

敬語謙譲語

「ご覧に入れる」の意味

ご覧に入れる(ごらんにいれる)

意味:「見せる」の謙譲語

「ご(御)覧」は、「見る」ことの尊敬語です。

「ご覧に入れる」で、目上の人に見せるという意味の謙譲語になります。

同じ意味の謙譲表現として、「お目にかける」「お見せする」がありますが、「ご覧に入れる」はより高い敬意を表すときに用います。

「ご覧に入れる」の使い方

目上の人に何かを「見せる」ときに用います。

すばらしい景色をご覧に入れましょう。

「ご覧に入れる」は謙譲語なので、相手の動作について用いることはできません。その場合には、「ご覧になる」「ご覧くださる」などの尊敬語を用います。

✕ 先生が私の作品をご覧に入れました。
○ 先生が私の作品をご覧になりました。

「ご覧に入れる」の類似表現

  • お目にかける〔=「見せる」の謙譲語〕
  • お見せする〔=「見せる」の謙譲語〕
  • ご覧になる〔=「見る」の尊敬語〕
  • ご覧なさる〔=「見る」の尊敬語〕
  • ご覧くださる〔=「見てくれる」の尊敬語〕