「 紛らわしい語 」 一覧

no image

「作成」と「作製」の違い

2018/12/31   -紛らわしい語
 

「作成」と「作製」の意味の違い 【作成】内容を考えてつくる 【作製】道具や機械を用いてつくる 「作成」と「作製」は、どちらもサクセイと読む同音異義語です。 「作成」は、書類や文章、計画などの内容を考え …

no image

「製作」と「制作」の違い

2018/12/30   -紛らわしい語
 

「製作」と「制作」の意味の違い 【製作】実用的なものをつくる 【制作】芸術的なものをつくる 「製作」と「制作」は、どちらもセイサクと読む同音異義語です。 「製作」は、道具や機械をつかって実用的な物・工 …

no image

「収まる」「納まる」「治まる」「修まる」の違い

2018/12/30   -紛らわしい語
 

「収まる」「納まる」「治まる」「修まる」の意味の違い 【収まる】きちんと入る、元どおり安定する 【納まる】金品が受け取られる、落ち着く 【治まる】平穏になる、よくなる 【修まる】態度・行いがよくなる …

no image

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

2018/12/29   -紛らわしい語
 

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い 【収める】好ましい結果を手に入れる 【納める】しかるべきところに入れる 【治める】混乱が起こらないようにする 【修める】自分を高める努力をする 「 …

no image

「対象」「対称」「対照」の違い

2018/12/29   -紛らわしい語
 

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は …

no image

「更生」と「更正」の違い

2018/12/27   -紛らわしい語
 

「更生」と「更正」の意味の違い 【更生】立ち直る 【更正】誤りを正す 「更生」と「更正」は、どちらもコウセイと読む同音異義語です。 「更生」は、本来は生きかえる、よみがえるという意味で、蘇生(そせい) …

no image

「追及」「追求」「追究」の違い

「追及」「追求」「追究」の意味の違い 【追及】どこまでも追いつめる 【追求】あらゆる手段をつくして手に入れる 【追究】つきつめて明らかにする 「追及」「追求」「追究」は、いずれもツイキュウと読む同音異 …

no image

「実体」と「実態」の違い

「実体」と「実態」の意味の違い 【実体】ものごとの正体、本当の内容 【実態】実際の状態 「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。 「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内 …

no image

「基準」と「規準」の違い

「基準」と「規準」の意味の違い 【基準】比較のよりどころとなるもの 【規準】行動などの手本となるもの 「基準」も「規準」も、ともにキジュンと読む同音異義語です。 「基準」は、比較・判断のよりどころとな …

no image

「謄写」と「透写」の違い

2018/12/25   -紛らわしい語
 

「謄写」と「透写」の意味の違い 【謄写】書き写す、コピー 【透写】すき写し、トレース 「謄写」と「透写」は、いずれもトウシャと読む同音異義語です。 「謄写」は、書き写すという意味です。手書きで写すこと …