一世一代(いっせいちだい)

「一世一代」の意味

一世一代

読み:いっせいちだい

意味:一生のうち一度だけであること

「一世」も「一代」も、ともに人の一生という意味。

人の一生のうちでただ一度だけであること、そう言えるくらいのまたとない大きな出来事を表します。

ふつうは、立身出世や結婚などのように、とても晴れがましいことについて用います。

「いっせいちだい」と読み間違えることが非常に多い四字熟語です。

また、「一一代」と書かないように注意しましょう。

「一世一代」の使い方

(例)下積みの長い役者にとってこの舞台は一世一代の晴れ姿だ。

人生のうちで一度だけであること、そのような大きな好機であることを表すときに用います。